{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

Riihimaki glass jar 1000ml (細)

残り1点

9,350円

送料についてはこちら

フィンランドのガラスブランド、Riihimaki(リーヒマキ)社のガラスビンです。 本来なら、ゴムパッキンとワイヤーのフタを止める金具が付いていたと思われますが、今はガラスの部分のみとなります。 細めのガラスジャーは、作られていた数が少ないのか、あまり見かけることがないのですが、その中でも珍しく大きめのサイズがありました。 蓋のロゴはロゴマークではなく、文字だけのタイプです。 本体に刻まれた名前は、ドイツの保存ビンを作っていた会社の名前なので、上下の組み合わせは違うものだと思います。 蓋のフチにはギザギザ有りますが、成型時にできたものになります。 蓋の表面、成型時にできたヨレによるシワのような模様有ります。 本体のフチには、カケが複数有ります。 本体側面や底部分には、擦れ傷で白くなっているところがあります。 特に底部分は白いところが大きめです。 フタと本体には、気泡が有ります。 wikiより REX-Conservenglas-Gesellschaftは、バート・ホンブルク(ドイツ)に本拠を置く卸売・生産会社である。 1908年、ジャン・エミール・レオンハルトとフリードリッヒ・クリーマンが卸売・製造会社を設立。同社は主に保存瓶の生産で知られるようになった。 1918年のレオンハルトの死後、クレーマンが彼の株式を引き継いだ。1923年、息子のフリッツ・クリーマンがホレックスのオートバイの製造を開始。1926年、保存瓶事業は中止され、商標権も売却された。 その約20年後、商標権は同じく保存瓶を製造するJ.ウェック社に売却された。 サイズ: 直径 8.7cm 高さ 20.8cm 容量 1000ml *ご確認ください。 当店で取り扱いの商品は、ヴィンテージ(used)になります。 細かな傷や汚れなどもありますので、ご了承ください。

セール中のアイテム